スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鎚で遊ぼう!面河から弥山へ②(登山口~愛大小屋編)

2009年09月16日 00:05

IMGP0137.jpg
国民宿舎前を通り過ぎ、ゆっくりと登山口に向かいます。
朝起きた頃は、吐く息が白かったのですが、うっすら汗ばむ程になってきていたので
上熊淵でシャツを長袖から半袖に着替えました。

IMGP0140.jpg
さぁ目の前に登山口の鳥居が見えます。
今まで「距離が長いから」とか「標高差1200mなんて歩けるかぁ!」等という軟弱な理由で
避けてきた裏参道ですが、いよいよその時がやってきました(*´▽`).☆.。

GWから4ヶ月を経過していますが、あれから随分走り込みましたから、更に身体のポテンシャルは
向上してなきゃいけないハズ(笑)
そのテストと、来るべき冬場のルート確認も兼ねてスタートです。

登り始めて思ったのが「なんで蜘蛛の巣が無いんだ???」ということ。
やっぱメジャーなルートは違うなぁ。。。滑床の山とかなら蜘蛛の巣だらけになるところです(笑)
暫くは石段の登りが多く、高度をグングン上げていく感じです。
IMGP0141.jpg

霧ケ迫で一休みしようと考えてたので、そのままドンドン歩いて行きました。
と、上の方で人の話し声が聞こえて来ました。
娘さん3人組が先行者(蜘蛛の巣払い)だったようで、ドッカと腰を下ろしての大休止中・・・(笑)
よって撮影は無しにして、疲れてもいない為、照れながら挨拶だけしてそのまま通りすぎました。

自然のトンネルをくぐり、ドンドンと進んで行くと・・・
IMGP0147.jpg

そのうち目の前が開けます。どうやら稜線に出たようです。
IMGP0150.jpg
IMGP0153.jpg

ホースの垂れてる水場を通り過ぎると・・・
IMGP0154.jpg

夢にまで見た「愛大小屋」が現れました(*´▽`).☆.。
IMGP0155.jpg

眼前には石鎚西稜が見えるはずなんだけどなぁ。。。んーっ、残念 Σ(ノ∀`*)ペチ
IMGP0156.jpg



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。