スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年08月04日 09:30

DSC_0599.jpg

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる
迷わず行けよ 行けばわかるさ
                                  -清沢哲夫著・無常断章より-


アントニオ猪木の引退セレモニーで語られたこの「道」。

山歩きを始めた頃もそう感じましたが、走り始めてこっち「一歩一歩の積み重ね」ってのは改めて
すげぇもんだと思います。

顔を上げて先をみると、目的地は遙か彼方。余りにも遠くてついつい諦めてしまいそうになります。
しかし、黙々と走り続け、歩き続ければ、いつの間にかもう手の届く距離にあったりします。

近頃思うのは「5分辛抱するコト」です。

ボクのニコニコペースの限界が1kmあたり5分フラット程度なので、それをキープして1時間我慢
すれば約12km程走れます。

毎日それを繰り返しているワケなのですが、何が良いって、思い切り汗をかくことが一番気持ち
良かったりします。

そんなに走るんなら100kmマラソンにでも出たらいいのに~と未だに言われますが、もし走りたく
なったら、多分1人でそのコースを辿ると思います(笑)
競技自体に興味があるワケじゃなくて、自分が走ってみたいときに走れれば良いと(*´▽`).☆.。

山だってそうです。
「ここからスタートして何時間以内に帰ってこなきゃ記録は無いぞ!」なんて言われるのだとしたら・・・
きっと興ざめしちゃって、自分勝手にどっかへ行っちゃうでしょう(笑)





人は歩みを止めた時に そして挑戦をあきらめた時に 年老いて行くのだと思います。
                                       ーアントニオ猪木ー


*************************今日のランニング******************************
8/1 朝ラン 22km
8/2 夕ラン 15km
8/3 夕ラン 15km
8/4 朝ラン 12km
夕ラン 9km
8/5 朝ラン 13km

8月合計(今月の目標450kmまで、あと364km) 86km



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。