スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の山歩き♪③

2009年05月02日 00:05

三本杭なのに一本で立ってるので、ボクの「黒金剛石」製ストックを加えてあげて三本に(笑)
にしても、今回大活躍したこのストック。
これのお陰で、高度差約900mを一気に駆け上がって来れました。
DSCN2119.jpg

さてお楽しみのおやつは・・・大好物の「苺大福」( ̄¬ ̄*)ジュル
松野町の産直市で買ってきたコレはホント美味いんです♪
毎年、今の時期の楽しみの1つと言っても過言じゃないって程の美味しさ(*´▽`).☆.。
DSCN2120.jpg

三本杭に乾杯!ってことで「いただきまーす♪」
DSCN2121.jpg

ねっ、苺が大きいでしょ?しかもコレが餡よりも甘かったりしますからねぇ・・・
まさに至福の一時。。。(*´▽`).☆.。
DSCN2122.jpg

さぁ、食うもん食ったら道でも間違えるか!ってことで白崖へとまっしぐら(笑)
散々、赤テープ等のお世話になりましたヾ(´▽`;)ゝ

でもそのお陰で、思いがけない拾いモノ「アケボノツツジ」に出会えました。
規模的には四国カルスト・大引割程度で、大したことないんですが、地面に落ちてる花を見たときは
予想外の出会いに驚かされました。
DSCN2128.jpg

滑床の山に、ロープ場や鎖場が有るとは思わなかったな(笑)
でも寒風山のロープ場よりも短いし、雨などで濡れてなければ安全です。

三本杭山頂から白崖取付きまでは、下りで約1時間を要しました。
ルートファインディングにかなり時間を取られたせいもあるけど、まぁ確かに「悪路」ですね(爆)

登りなら2時間以上かかると思いますがまさに「這い上がる」といった感じです。
よって下りは転げ落ちるような感じですかねー。実際、2・3度は転落したしヾ(≧▽≦)ノ ♪

似たようなトコロでいうと、石鎚の長尾尾根展望所から御来光の滝へ降りる「あの道」がありますが
アレよりも道らしいところは少なくて、距離は長くて、勾配もずっとキツかったなー。
DSCN2130.jpg

補記:白崖について
*三本杭北側にあるドアを開けて降りると、この「白崖」へと降りてしまいます。
嫌になって引き返そうと思っても、登り返しがかなりキツイと思いますので「なんだこっちは?」
と興味本位でこちらには行かない方が賢明かと思います。

*テープ等目印は迷いやすい箇所では数多くあり、じっくり探せば見つけやすい方だと思います。
(それでもボクは3回ほど迷ってしまいましたが(●´ω`●)ゞ)
アケボノツツジの場所から少し下あたりの分岐が一番わかりにくかったかな?

*ホントに悪路ですが、ほぼ全行程において踏み後はしっかりしてます。
何より藪が無いのでルートファインディングはし易いですね。
落ち葉がふかふかに積もった道などはありえません。その場合は、明らかに道を間違ってますので
速やかに元の場所まで戻りましょう♪

*避難小屋等ありませんので、悪天候時の装備と早めの決断が重要です。



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。