スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり

2009年04月18日 00:05

このおとうさんは、別に一人で来てたわけじゃありません。
一緒に来てた奥さんは、桜の撮影に夢中で三脚を担ぎアチコチ走り回ってたので結果的に
一人で行動していたということでして。。。

以前書いた記事[フワッと]中間リングテスト[モヤッと]に登場した方が、このおとうさんなのです(笑)

ゆらりゆらりと歩いては、花を愛で、鳥を愛でておられました。
動作や話し方などから察するに、大病を患った後の様に感じられましたが、リハビリがてら
奥様が同伴して来たのだろうと考えました。

また来年もお会いできたらと思います。


花の下で
ひとり花を見る
ひとりの楽しさ
ひとりの嬉しさ
花われを呼び
われ花を呼ぶ
雲来り雲去り
桜燦々

ー坂村真民著 詩集 二度とない人生だから「ひとり」ー


<返信>
桜には、人それぞれの思い入れがあって良いですね♪
最近は、目がかすみがちなせいか、ぼんやりした写真が好みになってます(笑)
お褒め頂きましてありがとうございますヾ(´▽`;)ゝ



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。