スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[フワッと]中間リングテスト[モヤッと]

2009年04月03日 00:05

カメラ:MAMIYA RB67ProS
レンズ:SEKOR 127mm F3.8C
フィルム:FUJI REALA ACE100
ISO:100
絞り:5.6
時間:1/250sec(測定値は1/400secだが中間リング使用の為、1段補正し1/250secを選択)
スキャナ:EPSON GT-X900(1200dpiにてスキャン)
その他:中間リング(No.2)、三脚

(2009/3/28 PM14:30頃 仁淀川町・ひょうたん桜公園)
img010-1.jpg
******************************************************************
*中間リングとは?*

別名Extension Tube とも呼ばれ、主レンズとボディの間に入れて使う筒を指す。

その役目は主レンズの倍率を変える物でなく、最短撮影距離を短くすることによって
より被写体に近づき、大きく撮る為の物です(簡単に言えばマクロ撮影ですね♪)。

リングはレンズやボディとの連動接点やレバーがありませんから、露出はマニュアル
での使用となります。
撮影倍率によって露出倍数がかかりますので露出補正が必要となります。
******************************************************************

風が弱くなってきたので、中間リングを使ってみようと思い立ち、写真を撮っていると
後ろから声をかけられました。

「何を撮ってらっしゃるのですか?」
「桜のシベなど撮ってます」

「ちょっと覗かせてもらってもかまいませんか?」
「はいどうぞ」

RBは標準がウェストレベルファインダーなので、左右逆像となっています。
ですから慣れてない人には見にくいだろうなぁーと思いつつ

「いかがですか?」と尋ねると
「なるほどシベですね」との返事が(笑)

それでも一生懸命ファインダーを覗いておられましたから、見易かったのかもしれませんね♪


補記
120フィルムだと10枚しか撮れません。
ですから1枚見るごとに、その時々の状況がすぐ想い出されます。
コマ数が多くなると何かワケわかんなくなっちゃう今日この頃。。。
これっくらいの撮影枚数の方がしっくりきます。(つω`*)


<返信>
*4月3日分*
 いつもありがとうございます。
 桜の背後に桃の花がありまして、それと重ねてみたら背景が薄いピンクになったという
 コトでして。。。ヾ(´▽`;)ゝ
 中判を使い出してから、すっかりネガフィルムに嵌っちゃったようです(笑)

*4月4日分*
 いつもありがとうございます。 花は良いですよねぇ。
 桜も終わりましたので、今年もアケボノツツジを撮って来ようと思います(*´▽`).☆.。 



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。