スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手箱谷へ氷の切り出しに

2009年02月18日 00:05

氷室の前でくつろぐ方々。
さぁ、一息ついたら尾根向こうの手箱谷まで氷を取りに行かねばなりません☆

去年は大雪のため、氷が集められず散々だったと聞きました。
さて今年はどんなもんでしょうね?


お?こちらでは猪鍋の準備が着々と進んでおります♪
300_1778.jpg

先ほどの氷室から、時間にして約15分ほど離れた尾根向こうにある手箱谷です。
雪が残っていますが、いわゆる「腐れ雪」なのでよく滑って危ないの何の・・・
300_1787.jpg

氷の切り出しが始まりました。
でも氷りも緩いようで、鶴嘴を打ち込むたび「ズボッ!」っといった音がしていました。
写っているカメラマン氏2人は各々異なる新聞社の方々です(笑)
300_1817.jpg

切り出された氷を背負子で運ぶ方。
上からみるとかなりの勾配でしょ?
しかも足下がユルユルなので、とてもじゃないけどボクには無理だなと。。。Σ(ノ∀`*)ペチ
300_1822.jpg

というワケで、心を鬼にして、取材に徹することにしました(爆)
この日一番の大氷(約80kg)を切り出した絵がこれです。
300_1830.jpg

上のカメラマン氏に同行してた同僚さんでしょうか?
氷を美味しそうに食べてました。 ((+´▽`))ヶタヶタ 
300_1932.jpg

「よっしゃー!えいかよ?1,2の3!!」とかけ声一発。
大氷を背負って立ちます。
300_1953.jpg

足場が悪いので、ゆっくりゆっくり歩を進めて下まで降りると・・・
300_2013.jpg

今度はこの上り返し・・・(;´Д`)
エキスパートの方々って、まるでスーパーマン(ウーマンもいるけど)だねぇ (人´∀`)☆。.:*・
300_2071.jpg



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。