スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイチャーは報われない?

2008年12月25日 00:05

カメラ:NIKON F3/T
レンズ:NIKON Ai-s50mm F1.4
フィルム:KODAK E100G
スキャナー:EPSON GT-X900
ISO:100
絞り:8
時間:40分
その他:三脚、T撮影、4800dpiにてマニュアルスキャン

2008/12/12 カテキョ終了後、佐賀港にて昇るオリオンを眺めつつジョギング
img098.jpg
「いやー、ネイチャーはスナップなんかと比べて報われないからねぇ」

んむ。。。またそのテーマですか?(笑)

写真撮ってる待ち時間に大体出てくる話題の1つ・・・
何に報われようと思って撮ってる方なのでしょうか?でも言葉の意味としてはわかります。

つまりあれでしょ?
スナップ=ちゃっちゃと撮って写コン入賞→ウマー
ネイチャー=辛抱に辛抱を重ねても同様なテーマ多数の為、落選→マズー
こんな図式が頭の中にあるのでしょうね (*´▽`).☆.。

という方なら「報われる=コンテスト入賞」って事になりますね。
すました顔してるけど、あんたもそうでしょ?って言われたらどう返そうかな?(笑)

「ボクは自分が見たいモノを見る為に通ってま~す ヾ(。´∀`。)ノ゛」あたりかな???

でも写コンにも全く興味が無いわけでもありません♪
コンテストのテーマやその審査員を吟味して、それに合うなと思えば参加しますが
所詮その程度です。

この間から急に「水平線から昇るオリオンを数時間かけて撮影してみたいなぁ」と思いついた
ものの、全く時間があわないため未だ実現できません。
それが撮れた時「ああ、これで報われたなぁ」と思えるかどうか?

んー、多分思わないでしょうね(笑)


補記
大体がボクが気に入る基準は「格好いいなコレ!!」ですからねぇ。。。
一般のフォトグラファーの方々からすれば、非常に子供らしい理由でしょうね☆

例えば、格好良いのの代表格・石鎚山の天狗岳・・・
厳冬期の天狗岳は勿論ですが、月明かりに照らし出される天狗岳、朝日を浴びる天狗岳
夕日に照らされる天狗岳、ガスの切れ間から覗く天狗岳、滝雲が流れ落ちる天狗岳・・・
そう、天狗岳はいつでも格好いいナイスガイですから、何年経っても夢中でいられます♪

2009年春からは、最低でも月1ペースで石鎚へ通いたいなぁと考えています(●´ω`●)ゞ



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。