スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初冬期・石鎚山に立ってきたがや記 その2

2008年12月03日 00:05

何だかんだ言いながらも、東陵分岐手前までやってきました。
若干の疲労は感じるものの、総じて歩きやすかったため助かりました。


同じように見える2枚の写真ですが、上の写真は傾斜がついていないため普通の散歩道。
しかし・・・
300_0190.jpg

下の写真は傾斜がかなりキツク、しかも右側はそのまま谷へ落ち込んでいるので
ちょっぴり緊張しちゃいました。
雪質もサラサラで、踏んでも固くならないため、アリ地獄状態でひたすら前へ前
へと進みました。(;´Д`)ああ、疲れた。。。
300_0192.jpg

と、そこへ石鎚が顔を出しました(*´▽`).☆.。
こんなん見せられると、目の前にニンジンをぶら下げられた馬同様
俄然元気が出てきます。
300_0199.jpg

足取りも軽やかに木道をポクポク歩きます♪
300_0201.jpg

二の鎖手前のルンゼまでやってきました。
カメラを構えるまでは青空が見えてて綺麗だったのに、あっという間にガスが・・・
300_0202.jpg

やっぱり霧氷には青い空が合いますね。
300_0206.jpg

えと、二の鎖まではストックだけで充分行けました。
でもこの後は、ダブルストックもしくはピッケルに加え、軽アイゼン以上の装備が必要でした。

ということで、明日はいよいよ最終回です(ノ´∀`*)★☆



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。