スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈍刀を磨く

2008年10月29日 00:05

この「鈍刀を磨く」も、もの凄く好きな詩です。
その一心不乱な様子が何とも気に入ってまして・・・ヾ(´▽`;)ゝ

版画家の斉藤清氏がTVのインタビューで「行き詰まった時はどうするのですか?」の問いに対し

つづけるしかねぇ~

と何度も言ってたのだそうな(*´▽`).☆.。
うん、そうですね。
寄せては返す波のように、黙々と続けるしかないな。

(夜明け前・月見が浜にて)
img953.jpg

鈍刀をいくら磨いても

無駄なことだというが

何もそんなことばに

耳を貸す必要はない

せっせと磨くのだ

刀は光らないかも知れないが

磨く本人が変わってくる

つまり刀がすまぬすまぬと言いながら

磨く本人を

光るものにしてくれるのだ

そこが甚深微妙の世界だ

だからせっせと磨くのだ



ー坂村真民著 詩集 念ずれば花ひらく「鈍刀を磨く」ー


コメント

  1. vaio | URL | -

    imoarareさん♪

    いつもありがとうございます☆

    中原中也の「詩人は辛い」のような心境も人間らしくていいなと
    個人的には思ってますが(笑)

    んー、でもやっぱし辛抱ですよねぇ。
    またよろしくおねがいします。。。(つω`*)

  2. imoarare | URL | -

    nn

    反省 反省 。。。

  3. vaio | URL | -

    aozoraさん♪

    いつもありがとうございます(*- -) ペコ

    おっしゃられる通りだと思います。
    やはり「人間辛抱だ!」なのですねぇ(*´▽`).☆.。

  4. aozora | URL | -

    今日は!

    >つづけるしかねぇ~
    納得です!
    「継続は宝なり」・・・でしょうか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lllvaiolll.blog40.fc2.com/tb.php/722-5dd32e15
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。