スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[土門拳に]報道の鬼[なりきりっ子♪]

2008年05月10日 00:05

以下は「松岡正剛の千夜千冊」から抜粋したものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土門の写真は「とことん撮る」という本質に裏打ちされていた。写真においてとことん撮るとは
もうこれ以上は撮れないというところまで撮るということだ。
とことん撮れば、当初のモチーフの条件や状態が変わってしまうこともある。
光も変わってくる(土門はライティングは嫌いなので、たいてい自然光で撮っていた)。
それでもかまわない。ともかく撮る。土門は「撮っても意味がなくなるまで撮る」と書いている。

それにしてもわれわれは、何事も「とことん」をしていない。「とことん」していないから
決定的なヒントに出会えない。そこで自分がしていることにいつも自信がなくなり、それが
写真であるなら、自分の写真がいつもぐらぐら、へなへなしてしまう。
すべてのヒントに見放された一人よがりの写真になっていく。

ところで土門は、こうしてとことん撮っていると、そのうちハッとする時があってそれが
決め手の写真なのだということが瞬時に見えるようになるとも言っている。
                          第九百一夜【0901】03年12月02日より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



氏の代表作の1つ「傘を回す子」のような光景が見あたらなかったので
浜辺でたまたま見つけた「服を回す子」ってのじゃダメですか?(●´ω`●)ゞ


追記
ふざけてやってんのかぁ?ヾ(。`Д´。)ノ彡
って怒られないうちに弁解しときますが、心底憧れてるんですよ(つω`*)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lllvaiolll.blog40.fc2.com/tb.php/531-32e69b3c
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。