スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[念願]御来光の滝へ・前編[成就]

2008年05月06日 12:00

長尾尾根展望所からみえる石鎚山と御来光の滝です。
goraikou_2787.jpg


小さくて分かりにくいので滝の部分を500ミリで撮り、さらにトリミングしてみました。
goraikou_2789.jpg


5月4日に御来光の滝を目指してきました。
かなーりキッツイよ!と噂のコースだけに、これまで敬遠してきましたが、この日のために心技体
を充実させチャレンジしてきましたので、レポしときますねd(。ゝω・。)



長尾尾根展望所に車を置いたら、例の場所からひたすら降下します。
高度差300m、斜度37°の下りはやっぱ伊達じゃないですね(笑)
降り初めて10分もすると、体が温まってきたのか汗が。。。
普通の下りなんかだと、汗なんか出ないのにねぇ(;´Д`)
降り始めて少しいくと、このようなロープが準備されてました。

DSCN1862.jpg

約30分かけて堰堤に到着です。
いろんな人のHPやブログで見たとおりの景色にチト感動したりして(ノ´∀`*)★☆
ここからは石ころの河原をテクテク歩きますが、浮き石ばっかなのでなんとも疲れます(笑)
底の厚い靴じゃないと、多分これ途中で足が痛くなって歩けなくなるんじゃないかなぁ?

あ、そうそう。
こんな山奥なのに、この辺りでは何故か潮の香りがしていました。
一体なぜじゃ???(ーー;)?

DSCN1864.jpg

10分ほど河原を歩くと、右岸に登山道への目印を発見(*´▽`).☆.。
写真がブレてるのは、このあとボクが転んだから?(笑)

DSCN1865.jpg

しばらく歩くとまた河原に出ます。
今度は左岸へと川を横切ります。

DSCN1866.jpg

割に大めの石でも、ちょい浮き気味のがありますので足を乗せてすぐ全体重をかけるのは
ちょいと危ないかもですね(笑)

DSCN1869.jpg

このような枯れ沢?もあったりします。
雨の時には、これも滝みたいな感じになるのでしょうね。

DSCN1870.jpg

すると川床が滑床状になりました。
夏場には泳いでみても楽しめそうな場所です。もし夏に来る事があれば海パン持ってこなきゃ
ですね(ノ´∀`*)★☆

DSCN1873.jpg

デタ━(ヾ(´(((ヾ(´(ヾ((´▽`)ゞ)`))ゞ)))`)ゞ)━!!
憧れの七釜です♪
なるほど、淵は綺麗なエメラルドブルーをしています。
さすがは面河渓谷の深部に位置するだけあって実に素晴らしい景観です♪

ちなみにスカイラインからここまでの所要時間は・・・
約1時間40分です(●´ω`●)ゞ
本日の所要時間は3時間ですから、急がねば( ゚∀゚)=3 ハアハア
ここまでの行程はこんな感じかな?(笑)
goraikou_1_1_20080505155305.jpg


コメント

  1. vaio | URL | -

    風恋さん♪

    ありがとございます♪(ノ´∀`*)★☆

  2. 風恋 | URL | /kl22tW6

    大冒険

    お疲れさまでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lllvaiolll.blog40.fc2.com/tb.php/529-7cae93dc
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。