スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[困った時の]雨の石見寺[寺頼み]

2008年03月31日 00:02

2008/3/30 四万十市・石見寺にて
カメラ:D300、レンズ:AF-N80-200 F2.8、絞り:開放、時間:1/1000sec、ISO:200、露出:+0.3
300_3910.jpg

想定内の雨とはいえ、寒すぎます・・・
濡れちゃったら風邪ひいちゃうだろなーなどと考えたりするのは年のせいでしょうか?

雨でも手軽に撮影できる場所ってコトで、5年ほど前に初めて桜の撮影に訪れたっきりの
ココ石見寺へとやってきました。

想えば、なぜか急に桜の花を見たくなって仕事を昼からさぼり、やってきたこの場所。
そして夢中になって撮りまくったネガを持ってカメラ屋に駆け込みました。
当然、人様にお見せできるほどの出来とは言えませんが、今でもその写真を見ると

「あー、こんときゃ下手なりに一生懸命撮ってたなぁ」ってすぐ思い出します。

まぁ、今でも充分下手なんですけどね♪ ((+´▽`))ヶタヶタ

カメラ:D300、レンズ:AF-N80-200 F2.8、絞り:F8、時間:1/50sec、ISO:200、露出:+0.3
300_4004.jpg

確かにその頃に比べれば機材が充実した分、撮影は楽に、そしてある程度、納得出来るよう
にはなりました。
前日のひょうたん桜でもそうでしたが、コンデジに三脚を取り付けて一生懸命に撮られてる
方々を見かけると、コテコテ装備のフォトグラファーの方々よりも
「ああ、ホントにこの桜が好きなんだなぁ」と感じさせられちゃいます。

どうも機材やお手本写真に凝っちゃって、本末転倒になって来たような気がする今日この頃。
「お!このアングルいいなー」って思ってレンズをあれこれと換えてファインダーを覗いた時
「なんだよ、思った程じゃねーじゃん」てな感じで萎えちゃう時が多すぎます(笑)

もう一度、初心に帰り、たとえばセオリーを全て無視してでも
「ああ、これ綺麗だなぁ。いいなぁ」と自分が感じられるものを撮りたくなってきました。
果たしてそれが、次週に活かされるかどうかは謎ですが・・・(ノ´∀`*)★☆


追記
桜の花を初めてじっくり眺めたなぁと感じたのが40才の時でした。
そのとき「平均寿命まで生きるとしたら、あと40回程度しかみられないのかぁ」と
ふと考えたその瞬間から写真に嵌りました。

それから5年経ったということは、あと残すところ35回程度となりましたので
咲く桜、ゆく桜の様を楽しみながら、しっかりとフィルムに焼き付けておこうと思います。


コメント

  1. vaio | URL | -

    実結さん♪

    毎度ありがとございます☆

    いよいよ桜もこれからが本番となりそうで、忙しい週になりそうですが、気をつけてアッチコッチせねばいけませんね。
    昨日は信号無視の車に出会いまして、肝を冷やしました。。。

  2. 実結 | URL | -

    今日は、今治方面に行ってきましたよ♪
    雨でも…タイミングを逃さまいとするカメラマンの方でいっぱいでした。
    デジイチ暦、2ヶ月なので…今はアングルとか、やっぱり真似からはいってますよ。でも…同じようには絶対に撮れない(笑)
    でも…自分の好きな写真っていうのはあるので…個性が出ますよね。
    キチンと撮るよりは・・・素敵に撮りたいなって思います。デジ暦3年ぐらいになったら…感性のままになんて言えるかしら?(ふふふっ)
    人は、限られて時間の中で生きている…それに気がついて、時間を過ごしてたら時間の使い方が違ってきますよね。サクラ…あと何回眺める事が出来るのでしょか?
    ちょっと嬉しくなりました♪そういう感覚で生きてる人は大好きです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lllvaiolll.blog40.fc2.com/tb.php/489-018e5203
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。