スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生伝説

2008年01月23日 00:12

DSC_2557.jpg


日曜は雨でしたので、久しぶりに地元の図書館へ行ってみることにしました。
お目当ては取り立てて無かったので、写真のコーナーに始まり、作者やタイトルから
文庫本など適当に手にして、立ち読みというかパラパラめくっては戻すという事を繰り
返していました。

漫画本のコーナーに行った時、ふと目にとまったのが「野生伝説」という本。
原作は戸川幸夫氏の「羆風」、絵は「釣りキチ三平」でお馴染みの矢口高雄氏です。

どんなんだこりゃ?と手にとって読んでみましたら

「羆嵐」でした。

ご存じの方も多いと思いますが、これは北海道で実際にあった日本最大の羆害事件です。
吉村昭の書いた「羆嵐」は、倉本聰によりラジオドラマ化もされました。

で、この野生伝説・羆風編は上中下の3巻で構成されていたようですが、残念な事に
「中巻」のみしか置かれていませんでした。

いきなり中盤の美味しい?ところだけを一気に読み切ってしまいましたが
やはり矢口氏の描写力ってのは凄いなぁと思ったことです。

昨年には四国でもツキノワグマの撮影が何度かされましたんで、その個体数が明らかに
増えてきてる事は自然環境からみれば非常に喜ばしいことでしょうね。

本州のツキノワグマとは異なり、四国のクマは人慣れしてないようなので、きっと音や
ニオイであちらから逃げてくれるものと信じてますが、やはり万一の場合を想定して
おかなきゃです。
つーか普段、自分とこの山へちょいと行くのにも、鉈くらいはいつも携帯してますから
当たり前といえば当たり前なのかも・・・

にしても、またこれでザックが重くなるなぁ (;´Д`)

追伸
最近の山歩きでは、一脚の代わりに「合気杖」をついて歩いてますw
でも肝心の杖術は、まだろくすっぽ出来ないんですけど~ (●´ω`●)ゞ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lllvaiolll.blog40.fc2.com/tb.php/420-5eaadb7d
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。