スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Vivid]E100VS[Saturation]

2007年11月03日 22:49

天候は曇天(時々雨)
レンズ:AF-N 80-200 F2.8
フィルム:E100VS(増感無し)
絞り:F2.8開放
時間:1/125sec(だったような?)
ストロボ:無し

みんなの顔が赤っぽいのは「祭りで酒を飲んでいますから」といのもありますが、やっぱフィルム特性によるんじゃないかと思います。



SiGHさんから先日お問い合わせのあったE100VSの件ですが、コダックさんとこの説明には下のように書かれています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
VSのVはVivid(目の覚めるような)、SはSaturation(色飽和度)。コダック社が独自開発した新しいカラー増強技術「CAT技術」により、その名のとおり、EI(露光指数)100で、これまでにないあざやかさとダイナミックな色再現を実現しました。
E100VSの実効感度100という使いやすさは、スタジオはもちろん、フィールドでの撮影でも威力を発揮。あざやかな色再現が求められる宝石・食品などの商品写真やファッション写真などのコマーシャル分野はもちろん、風景、自然、スポーツなどの野外撮影でも、インパクトの強い表現が可能です。
これこそ、あなたが求めていたエクタクロームの新しい表現領域。プロのビビッドの誕生です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみにキャッチコピーは「見たこともない鮮烈な100。E100VS」とありますが、そこはやはり被写体によりけりですねw

下の写真は同じくE100VSですが、撮影時の状況は目立つ色が無く、室内でストロボを焚いて撮った分です。(Ai-s50ミリF1.4使用、TTL、Aにて撮影)。
img235.jpg



コメント

  1. VAIO | URL | -

    ((V´▽`))ヶタヶタ

    なにげに催促しちゃったようですいませんw
    SiGHさんもブログ始めましょうよーヾ(≧▽≦)ノ♪

  2. SiGH | URL | -

    小田深山で、更新してね、といわれましたので、地味に書き換え中です。(ブログはさすがにちょっと・・・)
    前の写真は、暇を見つけて、遡りながら更新していきますので、時々覗いてやってください。前はE-1の写真だけでしたが、今回からはスキャン済みのフィルムの写真も載せていきます。
    白黒フィルムの滝の写真なんか面白いので、暇な時にでも見てみてくださいね。

  3. VAIO | URL | -

    SiGH さん♪

    E100Gあたりは確かに良いと思います☆

    あ、そういやSiGHさんのアレ、更新してましたねw
    今日の昼に見てました。
    ところで去年までのは削除しちゃったんですか?

  4. SiGH | URL | -

    E100VSはやはり、原色系が強く出ますね。
    幼い子供の赤い頬を強調するなどの意図がないと、人の撮影には厳しいかも知れません。
    人の撮影ですと、やはりE100GやE100GXがいいんでしょうねえ。
    そういえば、以前、E-100RSというデジカメを持っていましたが、連写と望遠性能はスポーツ撮影向けでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lllvaiolll.blog40.fc2.com/tb.php/354-68783b61
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。