スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の流れに身をまかせ♪

2007年05月23日 22:19

トンボ公園にて、昆虫カメラマンを発見しました(>Д<)ゝ”
20070523222003.jpg



今日、数ヶ月ぶりに職場へ懐かしい友人が訪ねてきました。

その方は、四国中の写真用・現像廃液を回収してる方なんですが
どこそこの写真屋さんが店を閉めたとか、来るたびに寂しい話を
持ってきてくれますw

「ボクもあと何年この商売をやってられるかわからんよ」と聞き慣れた高松弁で寂い話をしてましたが、世の中の流れがデジタルですから
こればっかしはどうしようもないですよねぇ。。。

そういやコダックのKRも、今年いっぱいで国内の現像が出来なくなるんで、海外輸送になっちゃうとかw
いまのデジ一眼は確かに絵も綺麗だし、高性能だし便利ですもんね。
ちゃんと撮れてるかどうか不確かなフィルムカメラを使う事を考えれば、撮って即確認が可能なデジカメへ移行するってことは極々自然な流れだとも思えます。

それに、フィルムの種類がかなり減ってきたような気もしますw
悪循環の典型みたいな感じですねぇ ((V´▽`))ヶタヶタ

まぁ、ネガとかは無くなることは無いと思いますけど、一部のポジとかは同じ35mmフォーマットでもこれから先には、人気のない順から消えて行くのでしょうかね?

ここ最近、ニコンのフルサイズデジ一の噂があちこちで出てきてます。
もし噂通りにニコン、ソニーが相次いでフルサイズCCDを搭載すれば画角も35ミリフォーマットと同じですから、いよいよフィルムカメラの新機種も望めなくなりそうです。

ボクも密かに、ニコンのフルサイズ化を願っている一人ではありますがそれが出たらもうニコンのフィルムカメラはF6で終焉の時を迎えちゃうんだろうかな?とか考えるとチト寂しかったりします。

それまでに、心おきなくフィルムカメラを使っておこうと思ってます。
(●´ω`●)ゞ

PS
近頃特に感じるのですが、F3やF4を持つとトテモ
o(●´ω`●)oわくわく♪
してる自分に気が付きます。
そりゃ昔は高価だったのかもしれませんが、今じゃたかだか数万程度で買える中古のカメラなのにですよw
所有する喜び然り、数値に出せないフィーリング、手にヒシヒシと伝わってくる剛性感など、確かにアノ手のカメラにはありますね。。。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lllvaiolll.blog40.fc2.com/tb.php/246-0de6bada
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。