スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感♪

2006年11月09日 18:40

今週来週と週末に予定が詰まっておりますんで、昨日今日と早朝から撮影に勤しんでおります。よくよく考えてみましたら、今の職場は完全週休2日なので52×2=104日は土日の休みで確保されているというわけです。これに祝祭日が年間約10日ほどありますんで計算上は約115日程休めるって事になりますよね。
んでもって有給休暇は毎年40日あるから。。。

なんだよ休もうと思えば160日位休めるんじゃないかw
((V´▽`))ヶタヶタ

んなことしてたら「もう、永遠に休んでもらっていいですよ」

とか言われるのがオチですね( ̄∀ ̄*)イヒッ☆

んで考えてみたら、今の職場に来るまで週休2日なんて全く関係なかったんで実感として沸かなかったんです。
土日休みの時もあれば、急な呼び出しがあったりしてたし。
正月なんかも当然仕事でバタバタしてた時もありますから、年中行事で季節を感じるなんて事は皆無だったような気がします。

その頃に比べたら今は、ずーーーっと時間があるはずなのにねぇ
やっぱ「おとうちゃん」になったらこんだけ雑務が増えるのかとは思っちゃいますねw

そういや今、世間を賑わしてる「万波医師」ですけど、宇和島市民病院にいたんですねぇ。
ボクが透析の施設で勤務してたころ、当時腎臓移植する人はみんな宇和島市民病院に行ってましたから、万波センセが執刀してたのかもですね♪
でも、うちから行った患者さんは全員肉親から腎臓貰ってたんで、関係なさそうですし
ホットしてます。

人工透析ってのは実に過酷なもんでして、各患者さんのデーターによって毎週2~3日、1回4~6時間行われます(場合によっては、夜間緊急に行われる場合もあったなぁ)。

当時、腎臓移植した方が4,5人居られたのですが、手術日が決まったら嬉しい反面「拒絶反応が出て、またここに戻ってきたらどうしよう」という不安感で精神的に非常に不安定になってました。結局、ボクのいた時期、その施設から5人移植しに行って4人が今でも透析室に帰ることなく、生活できていると聞きました。

透析の苦しみっていうのは施行中もですが、透析してない時にふと「生きている間中これをしなけりゃいけないのか」って事を考えて、家出しちゃったり、鬱状態に入ったりする方々もいました。だからそういう方々からすればこの万波センセのような人は「神様」に見えたりしますよね。
ただ残念なのは「説明と同意(インフォームドコンセントって言いますね)」がキチンとなされてなかったっていう1点です。患者の苦しみだけを前面に出せば何をしても許されるのかって事ですよね。患者の為の「瀬戸内グループ」なら結構だと思いますが、それ以外に何か隠されたものがあるのなら残念な事です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lllvaiolll.blog40.fc2.com/tb.php/193-180c15d3
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。