スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンベル スノースパイク10・インプレッション

2012年02月05日 21:30

寒気の緩みまくった日曜日、大の滝を目指して再び出掛けることに。

前回は子供達同伴だったのですが、プチ遭難騒ぎで皆さんにご迷惑をおかけしたので
今回は私1人です。。。(o_ _)o))

本来であれば、お世話いただいた森の国ホテルにも立ち寄りたかったのですが、当日は
昼には帰らねばならなかったため、ご挨拶にも伺えず申し訳ありませんでした。


AM7:38 駐車場出発。
林道をゆっくり歩いてAM8:14 雪輪の滝展望台着。


今回は滝の撮影もですが、買ったばかりの軽アイゼン「スノースパイク10」のテストを
兼ねての山歩です。

装着は実に簡単。
ベルト式6本爪軽アイゼンの比じゃない程、短時間で確実に締め付けられます。

プラスティックのラチェット式ってのはどうなんだろ?と思ってましたが、3時間半程度
の使用では全く不安無し。というか気にすらなりません。
IMGP0574.jpg
道中、1度増し締めした位で、靴とのマッチングも良い感じです。

IMGP0575_20120205204238.jpg
爪の高さが低いコトと、前爪が控えめなので歩きやすい。そして6本爪軽アイゼンと
同程度の重さなので疲れにくい。
おまけに価格も安く、小さく収納出来るのも◎。

今後、ベルト式12本爪アイゼンに取って代わって活躍しそうです(*´▽`).☆.。

ただ靴のサイズに寄っては不都合がありそうですね。
指定サイズ以下の靴ではベルトやフレックスジョイントバーの長さ調整を行っても
遊びが多く、使えそうにありません。
1サイズ小さいサイズの追加販売に期待です。

大分岐から野鳥の森コースをとります。暫くは九十九折りで地味な登りが続きますが
尾根に上がれば一段落(AM8:40)。
IMGP0577.jpg

左手には沢(AM8:44)。
IMGP0579.jpg

更に尾根伝いに登って行くと野鳥の森コースの休憩所に到着。
ここで小休止し、アイゼンを増し締めしました(AM8:45)。
IMGP0580_20120207092006.jpg

さてあと700m(AM8:53)。
IMGP0581_20120207092006.jpg

あと600m(AM8:54)。
ここから沢へ降りて渡ります。ロープの設置が有難い。
IMGP0582_20120207092006.jpg

水が少ないので靴を濡らすことは無いと思います(AM8:55)。
IMGP0583.jpg

その後は、旧トロッコ道をテクテク。
時折、若いシカ達が走り去っていくのが見られました(AM8:57)。
IMGP0584_20120207092103.jpg

ここから右手に100m。(AM9:04)
さぁ、いよいよです(*´▽`).☆.。
IMGP0586.jpg

滑床を愛する会の方々が補修してくれた縄梯子とロープのお陰で、安全に登れます(AM9:13)。
IMGP0587_20120207092102.jpg

凍ってはいますが、アイゼンも良く効きスイスイ上がっていけます。
よっこいしょっ!と乗り越えたら、滝はもう目の前(AM9:13)。
IMGP0588_20120207092100.jpg


てなわけで午前9時15分、大の滝に無事到着(`・ω・´)
120フィルム2本、デジカメで24枚撮りました(相変わらず枚数を撮りません・・・)

寒波が緩むとたちまち氷りも溶け出すようで、完全凍結とは言えませんでしたがそれでも
初めて目の当たりにした氷瀑の迫力に暫し見とれてしまいました。
300_7948-1.jpg
30分ほど滞在したのですが、滝下で撮ってる最中、氷が二度、落下してきました。。。(;´Д`)
ヘルメットは被っていたのですが、やっぱ焦りますねー。
帰り際、崩落音と共に大きな氷塊が落下した時、さすがに身の危険を感じました。

今週半ばからの冷え込みが続けば、週末はまた見頃になるかも???


*追記
ペンタックスのコンデジOPTIO WG-1で取ったGPSログを消してしまったのと、もう一度氷瀑に
会いたくなり2月11日、大の滝へ出掛けてきました。
寒気の緩みの為か、滝の氷は半分以上溶けてしまっていましたが、それなりに楽しめました。

前回は67メインでしたが、今回は35ミリ1本勝負(笑)
メチャメチャ期限の過ぎたベルビア50使用です。

ちゃんと撮れてたらいいんですけどねー(ノ´∀`*)

てなわけで、上が地図。下がWG-1でとったGPSログです。
今回とったルートは雪輪の滝ー大の滝ー旧トロッコ道ー御祝山登山道ー万年橋。
ログの更新は15秒毎の設定。
tizu.jpg

左下、ラインがグジャグジャになってるところが大の滝。
1時間弱ウロウロしてたら、こんなんなっちゃいました(ノ´∀`*)
ookura_GPSlog.jpg
本日すれ違った方々は、御祝山ルートから来て大の滝を目指すと言ってた男女2名と
駐車場で首からF3をぶら下げた男性カメラマン1名のみ。この方も大へと向かいました。

天気は良いし、最高の山歩でした。



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。