スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大(おおくら)の滝

2011年02月20日 21:19

2月20日、四万十市のH氏と滑床渓谷にある大の滝を訪ねてきました。

当日のルートは 滑床林道経由・雪輪の滝→旧トロッコ道経由・大の滝→旧トロッコ道経由・御祝山→
桧尾根→三本のたるみ→熊のコル→奥千畳→滑床小屋→氷室跡→滑床林道経由・駐車場
nametokoyama.jpg
行動時間はAM:8:30からPM17:00まで、久しぶりにたっぷりと歩けました。
御祝山取り付きから、滑床小屋手前までの間まで、深い残雪に苦しめられながらの山歩でしたが
随所に春の訪れを感じられた一日でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この縄梯子を登り切れば、大の滝。。。
向こうにチラリと見えている白いトコロは、凍ってるように見えます。


一部でも凍ってる部分が見られるとはラッキー (*´▽`).☆.。
氷瀑は見られないだろうと思っていただけに、逸る心を抑えつつ、まずはH氏が向かいます。
300_6557-1.jpg

おお。。。
これまで沢山の方々のHPやブログで拝見させていただいてた大の滝が、目前に現れましたが
それは想像以上の大きな滝でした。

「悪路」と表記されていたここまでの道ですが、「これが悪路?御祝山の方がずっと悪路だよねぇ」と
笑いながら到着しました。

今年は氷瀑に間に合いませんでしたが、次こそ必ず・・・(笑)
300_6564-1.jpg

その後、旧トロッコ道まで戻り、大好きな御祝山へと向かいます。(ノ´∀`*)
深いところでは太股まで雪に嵌りながら、暖かな森の中を進みます。

そうそう、沢山あるシャクナゲですが、大雪で随分痛めつけられていました。
去年は花数が少なかったので、今年に期待していたのですが、相当数被害を受けているようで
実に残念。。。

まだまだ雪に埋もれた桧尾根ですが、真冬のソレとは全く違った雰囲気。
300_6586.jpg

四国でも厳しい寒さが続いた今年の冬。。。もう、そこまで春が来てるかなー? (人´∀`)
300_6589.jpg

*補記*
当日の装備は以下の通り

上衣:ドライ・アンダーシャツ+ボディテックシャツ+フレネイパーカ
下衣:サウスリムパンツ+ロングスパッツ(アルパインじゃない方)
靴:ハンワグ・ロッキーGT-X
靴下:メリノウール アルパイン ソックス
ザック:ストライダーパック25
その他:Wストック、水筒(コーヒー)、チョコレート(明治ベストスリー)、お茶(500ml)
イチゴ大福、お弁当(松野町・虹の森公園内で調達)、携帯電話、D300+18-70mmレンズ

*持って行ったけど使わなかったモノ:軽アイゼン、フリース、レインダンサー・ズボン、シャミース
 ・インナーグローブ 、オーバーグローブ、ニット帽

*あったら良かったと思ったモノ:ティッシュペーパー

総歩行数:27403歩



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。