スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤島へ

2010年11月22日 10:22

沖の島(おきのしま)は太平洋上、高知県宿毛市の沖合にある島。足摺宇和海国立公園に指定されている。

全域が宿毛市に属する。

東経132°32’ 北緯32°43' 周囲約17km、面積は10.5km²。宿毛市片島港より海上約25km地点に位置し
人口は2006年現在283名。標高404mの妹背山を中心として水量豊かな谷川がある。
島は花崗岩から成り、至る所に断崖や急斜地が見られ平地は少ない。
沖の島は母島地区と弘瀬地区を中心に大小五つの集落より形成され、支所や漁協・郵便局・小中学校
診療所などの施設があり、磯釣りやマリンスポーツの島として人気を集めている。(Wikipediaより)


ワケあって急遽、日帰り出向することになった沖の島。午前7時片島発のフェリーに乗り込み
約1時間20分後、沖の島・母島(もしま)に到着♪

仕事場所を船付き場に居た方に尋ねて、石段をテクテク歩き始めました。
300_6043.jpg

仕事道具は、手提げトランク、三脚、それに約20kgの重たい容器がワンセットなのですが、今回は
車での移動が出来ない為、それらを全てあの120Lザックにパッキング(笑)

数時間の業務終了後は、午後3時20分のフェリー到着時間までフリータイムです。
どこにいこうかな???と考えながら歩いていると・・・
300_6037.jpg

そうかぁ、妹背山があったかぁ (*´▽`).☆.。
んでも、地形図も何も持って来てないので、物見遊山で行って見ることにしました。
300_6039_20101122084713.jpg
車道はありますが、生活道は基本的に階段なので、お年寄りにはキツイんだろうなーなどと思いつつ
自分の足がすでにパンパンになってたりしますヾ(´▽`;)ゝ

300_6026.jpg
沖の島小・中学校の裏手にある登山口に到着 (*´▽`).☆.。
せっかくなので、ちょろっと上がってみましたが・・・

途中で道が不明瞭となり、ルートを探していると、お昼時を告げるサイレンが鳴り響きだしたので終了。
登って来た道とは違う道を通り、キョロキョロしながら食堂へ。

「おきのしま食堂」にてチャンポン麺(¥550)をいただきましたが・・・
これがメチャメチャ美味い!! (o´∀`)o㌧!
オススメの一品です。

300_6032.jpg
散策中に見つけたシシ檻でしょうか。
沖の島でもイノシシが多いようで、あちこちで対策を施していました。
この檻は長い期間放置されているらしく、仕掛け部分は壊れ、全体も錆び付いていました。

300_6027.jpg
んー、あちこちの写真は撮ってきたのですが、地理的な位置関係が良くわかんないや(ノ´∀`*)★☆

300_6054.jpg
昼食後は、海側をテクテク散策です。
歌人・吉井勇の歌碑がありました。この近くには、あの人間魚雷・回天の元基地もあるのだそうな・・・


まとめ

最初、この話を聞いたとき・・・

「(´Д`+)エーッ! 誰か他の人に行ってもらってよー」って即座に断りました(笑)
んでも他に(暇な人が)見あたらないと言うことなので渋々受け、その出向先へ電話。。。

「あのー、今度の土日どちらかにお伺いしようと思ってるんですが。。。」と切り出すと
「すみません。土日祝祭日は誰も居ません」とキッパリ言われちゃったヾ(´▽`;)ゝ

どうしても平日じゃないとダメだというので、有給をもらっての日帰り旅行と相成った次第です。

仕事が終わったのが午前11時過ぎで、自由時間は昼食を入れて4時間程度と実に中途半端。
当初の目論見では、第一希望が島一周ランニング、第二希望が石段&石垣の島・撮影会でしたが
どちらを行うにしても、下調べも不十分だし、時間も無いしということで、今回は散策のみ。。。

縁有って、今後は1年に1度は定期的に訪れるコトとなった沖の島。
次は弘瀬地区へ行って「孤島の太陽」の荒木初子さんの生家や三浦家を訪ねてみようと考えてますが
隣に位置する鵜来島は、車道の無い島だとか。。。非常に興味をそそられますね ( ゚∀゚)=3



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。