スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の運命

2009年10月20日 00:03

五木寛之氏の新作というかエッセー集です。
土小屋泊まりでは国内のラジオ放送も殆ど入らない為、静かに心豊かな時間を過ごそうと考え、見つ
けた本がこれでした。

内容的には所謂「五木節満載」のエッセーです。
ですから、ページ数は多いのですが、あっという間に(2時間弱くらいかな?)読み切ってしまいました。

読み終わって思いだしたのが、数年前の11月末。
同様に土小屋で車中泊をしていたとき、つけっぱなしのラジオから聞こえてきた話し声の主が五木氏
でした。
アナウンサーとの対談形式でしたが、耳に入ってきたのは早稲田大学時代の話から現在に至るまで
の話を、あの穏やかな口調で語ってました。

ボクの描いてた氏のイメージとはかけ離れた人だなぁと感じ、寝起きながらも「面白い人だな」と親近
感を持ったことです(笑)

視力に関しても、日増しに老人力がつきだした昨今ではありますが、やはりたまに活字を追い良質な
文章を読むコトは、実に新鮮な気分になれます。
今度、本屋さんに行ったときは、文庫本でもまとめて何冊か買っておいて、11月以降に予定してる山
行に持参しようっと♪


補記
300_3934.jpg
下山中に見た、朝日に照らされる北壁です。んが、紅葉はこれからってところでしたね♪

300_3961.jpg
良い本を読んだ翌日は、言うこと無しの良い天気でした♪
また来年のこの頃が楽しみだなぁ (*´▽`).☆.。



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。